多くの方から「屋根は家の上にあるから見えないので、確認できない」という声をよくお聞きします。
秀栄工業では状況にあった提案を行っております。

下記のような状況に当てはまる場合は専門家に相談することをおすすめします。
天井や壁にシミができたり、雨のとき天井裏で雨音が聞こえる。
瓦及び防水シートなどの損傷が考えられますので早急な修繕が必要です。
そのまま放置しておくと、天井や壁のクロスにシミを残すだけでなく、屋根の野地板(下地)や骨組みに重大な損傷をもたらします。

瓦のズレや割れ・落下などが起きる。
至急ご連絡ください。早急に交換や修理の必要があります。
なぜなら、雨漏りの原因となる割れやズレなどを放置すると、雨の進入を増加していきます。
落下してしまった場合は、雨が直撃しますので屋根の防水能力が著しく低下します。

漆喰が剥がれたり、落下している。
漆喰が剥がれた屋根は防水能力が低下しています。
更には瓦の頂上部(棟)を固定している粘土が流出し痩せこけてしまいます。
その結果、瓦の頭頂部(棟)が崩れ、崩れた所から雨が浸入し雨漏りへとつながります。

カラーベストの板金棟(頂上部)の浮きやサビがでている
屋根頂上部のトタン金物が劣化し、釘は錆び、棟木(支える木材)が腐食している事が考えられます。放置しておくと、台風や強風で屋根が飛ばされたり、落下の恐れや雨漏りの原因になります。